商品説明
  • 品番: TAB・CD-1017
  • 在庫状況: あり
  • Manufactured by: 国内商品
  • 納期: 即納

ステファン・グロスマン&打田十紀夫/ビットウィーン・ツー・ワールズ

3,024円
ビットウィーン・ツー・ワールズ/ステファン・グロスマン&打田十紀夫
Between Two Worlds
Country Blues Guitars of Stefan Grossman and Tokio Uchida

■『Bermuda Triangle Exit』(2007年)に次ぐ、ステファン・グロスマンと打田十紀夫による2作目のデュエット・アルバム。米ペンシルバニア州デラウェア・ウォーター・ギャップの「Mix-O-Lydian Studio」で収録された臨場感溢れるスタジオ・セッション13曲(デュオ9曲、お互いのソロ2曲ずつ)を収録。

■念入りに打ち合わせしたアレンジもあれば、スタジオでの即興的なセッションもありますが、コンセプトは“カントリー・ブルース・ギター”アルバムです。カントリー・ブルースは元々1920〜30年代の黒人ブルースマンが生み出した音楽。1960年代に再発見されたオリジナルのブルースマン達からそのアイディアとテクニックを直々に引き継いだステファンと、そのステファンから多くを学んだ日本人の打田、バックボーンの異なる2人のサウンドが融合して生まれる“古くて新しい、そして渋くてオシャレな”カントリー・ブルース・サウンドが楽しめる1枚です!

【収録曲】
1) One Kind Favor
2) Betty and Dupree
3) Catfish Rag
4) Shake Baby Shake
5) Guitar Rag
6) Hesitation Blues
7) Delaware Boogie
8) Innocence Abroad
9) Big Mama Blues
10) Rooftop Blues
11) St. Louis Blues
12) Texas Connections
13) Goin' To Germany



カートに入れる:

Parse Time: 1.020 - Number of Queries: 520 - Query Time: 0.885643227798